日本皮膚科学会が推奨するAGA治療では、2種類の医薬品の併用が推奨されています。脱毛を防ぐ飲み薬と発毛を促す塗り薬です。薄毛の原因をしっかり理解したうえで、薄毛の作用を食い止める対処法を講じることが重要なポイントになってきます。

AGA治療薬の効果・副作用、種類と通販方法

育毛剤などを使用した従来の薄毛対策にくらべて、医学的な効果が期待できるのが、医薬品を用いたAGA治療です。

薄毛の原因となる男性ホルモンの産生を抑制する内服薬をはじめ、頭皮に塗って直に発毛を促す外用薬など、選択肢も様々です。

AGAの原因と改善方法

AGA治療薬の効果とは

AGA治療では、基本的に2種類の薬剤を併用する治療方法が推奨されています。脱毛を防ぐ飲み薬と、発毛を促す塗り薬です。

AGAの原因を理解する

そもそもなぜAGAが起きるのかを正しく理解しなければいけません。2種類の治療薬であったとしても、薄毛になるメカニズムをしっかり理解できていなければ、正しい治療ができませんし、何よりも効果を引き出すことができませんので、重要なポイントになってきます。

AGAは男性ホルモンが引き起こす問題点であることを多くの人が理解してますが、すべてのホルモンが悪いわけではありません。男性的らしさを出すことになるテストステロンはみなぎる男の力を誇示する効果を持っていますが、ある酵素が結びつくことによってジヒドロテストステロンが産生されます。これこそAGAの原因となっている男性ホルモンです。

人によって感受性が高いこともあることから、低い人は薄毛にならないこともあります。感受性が高い人こそ脱毛の原因となっているジヒドロテストステロンへの対処が必要です。この男性ホルモンを産生させない治療薬こそ第一選択となり、薄毛で悩む男性には広く親しまれている内服薬となっています。

根本的な原因となりますので、効果を求めたい男性はまずここからスタートさせてください。女性でもFAGAと呼ばれる脱毛があり、その原因がジヒドロテストステロンになりますが、男性と違って服用することができません。女性ホルモンを高める治療を行うことが多いです。

AGA治療薬にピンポイントの効果を発揮させる

発毛効果を持つ治療薬に関しては、主に外用薬になっています。しかし最近は内服薬もあり、こちらは効果に期待を大きく持つことができますが、副作用もあります。それについては後述することにしましょう。どちらにしても本数が少ない頭髪を増やす効果を持っていますので、明らかに本数が減っている方に期待することができます。こちらは男性だけではなく女性も使うことが可能です。

高い効果を持つことで従来の薄毛対策としては、群を抜いて期待することができるAGA治療薬になっています。それでも順番はしっかり守らなければ高い効果を期待することはできません。まずは原因となっている男性ホルモンの産生を抑制する内服薬がスタートになり、自身の頭髪具合から本数が少ないのであれば発毛剤と選択肢を広げていきましょう。内服薬だけでも髪の毛一本が太くなることもありますので、頭髪具合に迷った場合、発毛剤の使用は様子を見ると良いでしょう。

AGA治療薬の副作用とは

残念ながら医薬品は効果だけではなく、副作用を持っています。AGA治療薬も同じであり、他の病気で使われていた薬が副作用で薄毛が改善したことから治療に使われることになりました。後悔してしまうこともありますので、どんな副作用が起きるのかをしっかりと確認してから使うことをおすすめします。

飲み薬による副作用

まずスタートとなる飲み薬から把握しておきましょう。胃腸の調子が悪くなる人もいますが、ほとんどが服用を続けることで改善することが多いです。しかし性欲減退や勃起力が弱くなったり、男性器そのもののサイズが小さくなった人もいます。あまり確率的には多くはありませんが、このような副作用が起きる可能性があることを知っておきましょう。

発毛剤のほうは塗り薬の他に内服薬もあります。こちらは循環器の副作用をもたらすことがありますので、注意しておかないといけません。海外の実験では犬の心臓が破裂した報告もあるくらいです。AGA治療に良く効く発毛剤を内服薬に切り替えその効果には納得しているけれど、動悸や立ちくらみなど、塗り薬では起きなかった副作用も報告されています。個人輸入を使って内服するケースが多いですが、なるたけ医師の管理のもとで使うようにしましょう。

塗り薬による副作用

問題は発毛剤のほうであり、塗り薬でも起き、かゆみ・めまい・低血圧の副作用が報告されています。かゆみのほうは外用薬になっていますので、かぶれたりすることもあります。めまいや低血圧に関しては起きるメカニズムがはっきりとしています。

そもそもこの医薬品自体、高血圧治療のために使われていたことで副作用として多毛症が出たことでAGA治療薬として使われてきた経緯があります。塗り薬のケースでも起きることがありますので、その場合は医師や薬剤師と相談をしてください。

初期脱毛は副作用ではない?

2種類の医薬品がありますが、どちらにも顕著に出てくる副作用として初期脱毛に理解を深めておくことをおすすめします。脱毛原因のジヒドロテストステロンの影響を受けている頭髪が抜け落ちることによって、関与を受けていない頭髪が生えてくる過程で起きる初期脱毛を考えてください。

個人差はありますが、激しい抜け毛を体験することもあり、その場合医薬品が悪いと勘違いしてしまい中断してしまうこともあります。飲み薬と塗り薬どちらにも起こる現象になりますので、念のために理解を深めておくようにしましょう。もしものことがあっても焦らないで、根気強く向き合っていくことが大切な心構えとなります。

AGA治療薬の種類

プロペシア

プロペシアに期待できる一番の効果はジヒドロテストステロンの抑制です。ジヒドロテストステロンは、強力な男性ホルモンの一種です。ジヒドロテストステロンは発毛にかかわる毛乳頭細胞の男性ホルモンと結合し、髪の毛の成長を阻害します。髪の毛の成長期が短くなり、退行期になると簡単に抜けてしまいます。プロペシアはこの結合を阻害する効果が期待できるので、AGAの進行を抑えることにつながります。

プロペシアの効果・副作用

リアップ

リアップ(リアップX5)の主成分であるミノキシジルは、壮年性脱毛症における毛包に作用して、2つの効果を発揮します。1つは休止期となっている毛包を成長期へと移行させることです。2つ目は初期段階の成長する期間における毛髪を、後期の段階の成長期へと促進していくということです。いずれも毛髪の成長を促す特徴があります。

リアップの効果・副作用

ザガーロ

サガーロは、育毛と発毛に効果があります。脱毛した部位に太く長い毛の本数が増えることが期待できます。体質や進行状態によって効果がでるまでの期間は違います。すぐには効果が現れないので、改善するまで1年くらいかかることがあります。通常でも半年間の治療が必要です。

ザガーロの効果・副作用

AGA治療薬の通販方法とは


まるでネット通販のようにAGAの治療薬を求めることができます。メリットはクリニックよりも圧倒的に安い価格で求めることができる点です。脱毛原因となっている男性ホルモンの産生を抑制する飲む薬は1ヶ月7000~8000円程度になりますが、個人輸入を使うことによって100日分でその半額の値段で求めることができます。発毛剤に関しても同様で、塗り薬を始め内服薬も販売されていますので、高い効果を期待することができるでしょう。

個人輸入のデメリットも理解する

大きなメリットを持っている個人輸入になりますが、もちろんデメリットもあります。それは医師の管理下で医薬品を使うことができませんので、すべて自己責任になることです。日本ではガイドラインとして、男性ホルモンを抑制する内服薬と発毛を促す外用薬が決められていますが、発毛剤の内服薬は認められていません。あくまでもAGAクリニックの独断と個人輸入を利用した人の自己責任のもとで行われている治療方法です。ここを自覚しておかないとうまく使うことができません。

日本は医薬品の副作用を受けた時に救済を受ける制度がありますが、個人輸入で安価で求めた医薬品には適合されません。副作用が起き体に異変が起きても、国からの救済制度を受けることができずその治療に関しても自己負担となることを知っておきましょう。安価という大きなメリットがありますが、健康被害といった大きなデメリットもあることを知っておかないといけません。

AGA治療は保険を使うことができないことから、自己負担となってしまいます。このことから個人輸入を頼る人が増えました。最初は勃起不全の治療薬から始まり、いまではAGAを含め多岐にわたっています。だからこそ健康被害を受ける可能性についてのデメリットは、よくよく理解しておかなければいけません。

またもうひとつ大きなデメリットがあるとするなら、医薬品の偽造です。安価なジェネリック医薬品であることから悪質な業者の標的にされずあまり心配はありませんが、医薬品の偽薬が流通しているケースもあります。これは勃起不全の治療薬でも起きたことであり、AGA治療薬もけっして例外ではありません。

偽薬であればもちろん効果がありませんので、薄毛が進行することになります。せっかくの高い効果を期待できる医薬品ですので、偽薬であった時のショックは計り知れないものがあるでしょう。だからこそ信頼できる業者から購入をすることが重要なポイントになってきます。

AGA治療薬を通販する方法