AGAの原因はざっくり2つに分けられます。ひとつは、ストレスや不規則な食事といった生活習慣の乱れ。もうひとつは、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンです。

AGAの原因と改善方法

AGAの原因は、ストレスや不規則な食事といった生活習慣の乱れ、男性ホルモンであるジヒドロテストステロン、2つの要因が挙げられます。

生活習慣の乱れは薄毛につながる

前者の生活習慣の乱れは基本的な健康を守るためにも注意されていますが、この要素がAGAに繋がる理由は頭皮環境です。

頭皮環境とは文字通り頭皮や毛髪の状態を示しています。この頭皮環境が悪化すると抜け毛や薄毛を招くわけですが、具体的に生活習慣の乱れが大きく関わるのは頭皮や毛髪に欠かせない栄養素です。脂質や糖質が多い食事は余計な皮脂を増やして血行を阻害し、結果的に丈夫な毛髪にするための栄養素を末端までに届ける事ができなくなります。喫煙やアルコールの過剰摂取も同様です。

男性ホルモン自体が薄毛の原因になる

一方でジヒドロテストステロンは直接的なAGAの原因だとされています。

もともとジヒドロテストステロンはテストステロンという男性ホルモンです。毛髪はおろか健康に無害なホルモンです。ところがテストステロンは加齢とともに減少していく特徴があり、体はテストステロンの減少を補うために「5-αリダクターゼ」という酵素に働きかけます。「5-αリダクターゼ」とはテストステロンをジヒドロテストステロンに変える還元酵素で、これにより男性ホルモンはカバーされるものの、同時にジヒドロテストステロンの作用である強力な脱毛効果が発揮されるというわけです。おかげでヘアサイクルの成長期は短くなり、結果的に成長する前に抜けてしまう状態になります。

AGAの改善方法

改善法はまず生活習慣の乱れなら、良質な生活を送る事がおすすめです。

実際の生活のなかで薄毛を改善する

バランスの取れた食事を意識し、可能な限りストレスのない環境にいれば頭皮は自然と改善されていきます。特にタンパク質は女性ホルモンの分泌を促してくれるので男性ホルモンの抑制に役立つ栄養素です。あとは野菜などから取り込めるビタミン類や亜鉛類の摂取が推奨できます。ホルモンに対してもまた内面から改善していくほかないものの、AGAの改善であれば様々な方法があるのがメリットです。

専門的な治療でAGAを改善する

自宅で手軽に行える育毛剤に専用のクリニックで頭皮環境の改善を図る低出力レーザー治療、人口毛や自毛を頭皮に移植してAGAを改善する植毛、さらには治療に有効な成分を頭皮に直接注射するメソセラピーとそれとともに行われるハーグ治療が挙げられます。

これらの方法は自由に選べますが、AGAの状態によって最適な方法が限られている可能性があるので要注意です。また費用もそれぞれで異なっています。