AGA治療薬を通販するメリットは、通院費用や薬剤費用など、費用を安く抑えられることです。まずは医療機関を受診して自身に合った医薬品を処方してもらう。あとは同じ商品やジェネリック医薬品を通販で購入する。こうすることで治療のランニングコストを下げられます。

通販でAGA治療薬を購入


AGA(男性型脱毛症)は遺伝性が強い疾患です。年齢が若いからといって安心はできません。実際に、若いころからAGAに悩んでしまう人もいます。「どうにか対処しようと、育毛剤や髪に良い食べ物を摂ってみたけれど、効果が感じられない……」そんなときは、AGA治療の医薬品を使用するといいでしょう。

AGA治療専門クリニックで薬を処方してもらう

AGA治療薬はAGA専用クリニックの医師に処方してもらいましょう。深刻な薄毛に悩んでいる人、薄毛の進みが早いような人は、特にAGA専門クリニックをおすすめします。

クリニックに行ったとしても、医師はそこで何かの施術をするのではなく経過を見ながらふさわしい薬を選択するようなことを行っているようなことがほとんどです。合わない薬ではいけないですし、経過を見ながら薬を選んでもらえるのはありがたいものです。

海外からAGA治療薬を通販で入手する

こうしたAGA専用の治療薬は個人輸入で取り寄せることもできます。

国内の医療機関で購入するよりも、価格は安く、好きな時に購入できます。もし仕事が忙しいという人であっても、わざわざクリニック通わずに、都合のいいときに自宅で受け取れるメリットもあります。

もちろんメリットだけではありません。個人輸入できる商品のなかには安全性が確認できないものもあります。まったくのAGA治療初心者が、通販で入手した医薬品をいきなり使うのは危険もあります。もし副作用が出た時も誰にも相談できないことがほとんどです。ですから難易度が高いともいえるでしょう。

まずは医療機関を受診、AGA治療のランニングコストを通販で安く

こうしたポイントをデメリットに感じるのであれば、まずは国内で広く使われているプロペシア、リアップX5プラス、ザガーロ、フィンペシア、ミノキシトップなどを利用した後に、同じ商品か、成分が同じジェネリック医薬品を利用するのがおすすめです。日本でも多く使用されているので、まずはこうした受け入れられている人が多い製品を使ってみましょう。

自身に合ったAGA治療の治療薬を賢く選択

ただし、使っている人が多いからといって、すべてが自分にも合うとは限りません。人によっては産毛程度確認できてから進化していないと感じたり、効果を感じられたのは最初だけ、徐々に効果が感じられるようになってきたなど様々です。ですから使い続けてみてどれくらいの効果があるのかを体感してみましょう。

ずっと使い続けてきたのに何も感じられないのは市販の育毛剤では良くあることですが、AGA治療薬ではそういったことはあまりなく、なんらかの効果を感じられるようなことが多いです。AGAで悩んでいる人は、AGAに適している治療薬で解決してみましょう。

親からの遺伝性のものだから仕方がないとして諦めるのではなくまずは出来ることからやってみるようにもすることが大切です。また、継続して使うことも大事です。