飲む毛生え薬として有名な、AGA治療薬の代名詞・プロペシア。抜け毛を抑えてヘアサイクルを正常に戻す効果があります。

プロペシアの効果・副作用

プロペシアはMSDと呼ばれる日本の製薬会社が開発した薬です。2005年から発売がスタートとなり抜け毛の症状に悩む多くの男性が抜け毛改善を目的に服用しています。主成分はフィナステリドと呼ばれる成分で、これはAGAの原因となるジヒドロテストステロンを抑制する効果が期待できます。

プロペシアの効果について

プロペシアに期待できる効果としてまず第一に挙げられることが、ジヒドロテストステロンの抑制です。ジヒドロテストステロンは、強力な男性ホルモンの一種です。この成分は発毛にかかわる毛乳頭細胞の男性ホルモンと結合し、髪の毛の成長を阻害するものです。そのため髪の毛の成長期が短くなり、退行期になると簡単に抜けてしまいます。プロペシアはこの結合を阻害する効果が期待できるので、AGAの進行を抑えることにつながります。

服薬治療は早ければ効果が出やすい

プロペシアの効果をより実感するためには、まず第一に服用を始める年齢が挙げられます。内服するのに一番適している年齢は20歳以上40歳以下の男性です。抜け毛を予防する効果が中心となっているため、比較的若い男性の方が効果が出やすいといえます。しかし年齢により薬の効き方に差があるわけではなく、毛髪細胞が関係しているため、年齢が高ければ高いほど薬の効果を実感しにくくなるということです。服用期間は最低でも3ヶ月から半年を要するので、これから薄毛治療を始めようと考えているのであれば、早めに医師に相談することをお勧めします。

プロペシアの副作用について

このようなものを服用するときに一番気になるのが副作用はないのかという点です。副作用が起こる確率はかなり低いものですが、どのようなものでも医薬品には必ず副作用が存在します。プロペシアには飲み方を始めとした添付文書があるので、気になるのであれば服用する前に医師に相談する必要があります。

副作用として考えられることの一つが肝機能障害です。肝機能障害は最も重大なものとして伝えられているものです。肝機能障害は血液検査でも調べることができ、副作用があっても症状が現れないことから肝機能障害が起こっていることに気がつきません。服用してなんとなくだるさや疲れやすさを感じるようになったり、白目の部分や皮膚に黄疸の症状が出現する場合があるので、しっかりと検査をすることをおすすめします。

プロペシアの禁忌事項について

禁忌事項とされていることは、女性、特に妊婦や子供の服用です。口から内服するのはもちろん、皮膚からも成分を吸収するため錠剤に触れてしまうことも危険です。これらの理由と同じく、授乳中の女性も絶対に服用したり触れたりしないようにしましょう。