ザガーロはAGAに対し改善効果がある医薬品です。有効成分のデュタステリドは、もともとは前立腺肥大症の治療薬でした。治療の過程で薄毛の改善にも有効であることが分り、2015年に国内で認可されました。

ザガーロの効果・副作用

ザガーロの主成分は、デュタステリドという有効成分です。この成分は薄毛治療のためではなく、前立腺肥大症の治療用として開発されたものです。AGAは、男性ホルモンであるテストステロンと5α還元酵素と結びついてできるジヒドテストステロンが原因で起こります。5α還元酵素には、1型と2型がありますが、ザガーロはどちらにも作用します。

ザガーロの効果について

サガーロは、育毛と発毛に効果があります。脱毛した部位に太く長い毛の本数が増えることが期待できます。ただし、効果があるのは男性型脱毛症によるものです。他の原因で薄毛になっている場合は効果が期待できません。体質や進行状態によって効果がでるまでの期間は違います。すぐには効果が現れないので、改善するまで1年くらいかかることがあります。通常でも半年間の治療が必要です。AGAは、髪の毛のサイクルが乱れることで起こります。ザガーロによって正常なヘアサイクルに戻っても、新しい髪の毛が成長するまでには時間がかかります。

ザガーロは飲み続けることで効果を安定できます。そのためある程度毛量が改善できてからも飲み続けて、正常なヘアサイクルを保つことが大切です。ただし、持続する期間も人によって違いがあります。

ザガーロの副作用

ザガーロは、万人に効果があるわけではありません。日本人には効果が出やすいですが、遺伝的に効きにくい人がいます。また、副作用が出ることもあります。

主な副作用には勃起不全や性欲減退、射精障害です。男性の生殖能力への影響ははっきりとしていませんが、精子の数や量を減らして運動を弱めてします可能性があります。ザガーロは血清前立腺特異抗体に影響を与えるので、前立腺癌などの検査を受ける場合は医師に伝える必要があります。また、乳房に痛みが出ることがあるため、いつもと違う症状が出たらすぐに医師や薬剤師へ相談します。

重大な副作用として、肝機能障害や黄疸の症状がでることがあります。異常が出た場合は服用を止めるなどの処置が必要です。

ザガーロの飲み方や注意点について

ザガーロの飲み方は、1日のうちいつでも良いのですが24時間おきに服用します。

禁忌事項は、服用中は献血をしてはいけません。服用を止めても、服用した日から半年は献血をしないようにします。

また、安全性が確立されているのは20歳以上のため未成年は服用できません。

ザガーロは皮膚からも吸収されるため、妊婦や授乳中、子供がカプセルから漏れた薬に触れないようにします。

万が一触れた場合はすぐに石鹸と水で洗います。